酵素とビタミンの密接な関係

人体にとって、ビタミンやミネラルは必須栄養素となっています。
種類によっては過剰摂取による弊害が現れる場合もありますが、多く摂った所で尿と共に排泄される物も多く存在しているので、神経質なほど摂取量を気にする必要はありません。
ビタミンと同様に、酵素も人体には必要です。
この物質は古くから発酵に利用されており、現代でも味噌や日本酒などにはなくてはならないタンパク質です。
どちらも重要であるだけでなく、この2つには密接なかかわりがあります。
酵素、つまりタンパク質の中には単体で機能できない物があり、それを助けるのが補助酵素、よくサプリメントや美容で目にするコエンザイムです。
このコエンザイムが、ビタミンやミネラルです。
エンザイムとは酵素の事であり、これを助ける、補助すると意味の「Co」がついて、コエンザイムと呼ばれます。
これらの事から、幾ら酵素を摂取した所で活動できないタイプがある以上、ビタミンやミネラルの摂取も必要である事が判るだけでなく、またその逆の、ビタミンやミネラルだけを摂取した所で、人体に対して有意義な活動が得られにくいと言う事が判ります。
肉体を円滑に動かす為には、全てをバランスよく摂取する必要があります。